• HOME
  • 韓国ドラマ , 韓国芸能
  • ツンデレ?男らしさ?やさしさ?それとも全く新しいキャラクター?あなたの好みはどのタイプ? 俳優 パク・ソジュン

ツンデレ?男らしさ?やさしさ?それとも全く新しいキャラクター?あなたの好みはどのタイプ? 俳優 パク・ソジュン

韓国ドラマ

2020年JTBC新ドラマ『梨泰院クラス』に出演が確定している 俳優パク・ソジュンさん。

出典:news.kstyle.com/

 

ドラマに映画に広告に、パクソジュンさんを見ない日はないと言っても過言じゃないですよね。魅力があるのはもちろんなので、ここまで人気だとパクソジュンさんのことなら、なんでも、ほんの些細なことでも知っておきたい気持ちになります。

そんなパクソジュンさんの魅力を、ご活躍を通して見ていきたいと思います。

 

出典:https://rnx.kr/news/

 

パクソジュン 박서준  朴叙俊

本名:パクヨンギュ 박용규

生年月日:1988年12月16日

出身:ソウル特別市

身長・体重:185㎝ 69㎏

所属事務所:awesome ent

 

スーツ姿がとてもすてきです。私は上の写真のような、髪の毛を固めていないラフな感じのパクソジュンさんが好みです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ziozia_official

박서준さん(@bn_sj2013)がシェアした投稿 –


こちらの髪形のパクソジュンさんとみなさんはどちらが好みですか?

それにしても、年々その魅力が湧いて出てくるよう!!

 

 

2011年ミュージックビデオ『I Remeber』でデビューしたパクソジュンさん

出典:https://www.youtube.com/

 

ミュージックビデオなのですが、短編映画のような濃い内容でした。今と比べると体は全体的に細めで、K-POPアイドルのような雰囲気も感じます。

 

本格的な演技活動につながったドラマデビューは2012年『ドリームハイ2』

出典:https://www.youtube.com/

こちらの予告動画には残念ながらパクソジュンさんが出てきません。

 

出典:www.tbs.co.jp/hanryu-select/dreamhigh2/

このドラマの制作当初はこの4人を推していたんですかね…

2012年のこのドラマデビューから7年、2019年の現在、パクソジュンさんは誰もが知るトップスターです。

 

ドラマデビューの年には、こちらにも出演

出典:https://www.youtube.com/

2012年~2013年ドラマ『ファミリー』で。かなり体をはった演技をしている印象です。1分05秒あたりから、これホントに唇がくっついちゃってるのかなぁ?くっついてますよね(笑) ウシクさんにちゃんと手を添えているのもいいです。

 

チェウシクさんとはこのときから仲がいいのでしょうか?ご自身のインスタグラムにも2018年のものですが、ウシクさんとの写真が

 

この投稿をInstagramで見る

 

그리고 이것은 최우식과 수영장 Part.3

박서준さん(@bn_sj2013)がシェアした投稿 –

 

ドラマ出演もこの後、人気スターとの共演が続いたパクソジュンさん

 

2014年『温かい一言』 ハンヘジンさん キムジスさんらと

出典:https://www.youtube.com/

 

2014年『魔女の恋愛』 オムジョンファさんと

出典:https://www.youtube.com/

 

こちらの動画のコメント欄には

「これを見たらパクソジュンに惚れます」

「パクソジュンが可愛すぎてヤバイ」

「めっちゃ。パクソジュンが好きや!」

「ときめきが止まらねー」

などなど…

みなさんの心の声がダダ洩れでした。

しかも、オムジョンファさんとは19歳の年の差があったのですね!

 

2015年『キルミーヒールミー』では チソンさん、ファンジョンウムさんと

出典:https://www.youtube.com/

 

2015年『彼女はキレイだった』では同じくファンジョンウムさんと

出典:https://www.youtube.com/

 

もうこのころには人気スターとの「共演」ではなく、ご自身が人気スターであり主演でした。

私はこのドラマを見始めて、ファンジョンウムさんを自分の初恋相手だと分かるまでのパクソジュンさんのあまりのキツイ態度に、続きを見るのをやめようかと思いました。演技だと分かっているのに、まるで自分に向けられている様なあの厳しい態度。

でも一方で、これだけ振り幅の大きい演技のできるパクソジュンさんってすごいんだなとも感じました。

 

その後も

2016年『花郎』

出典:https://www.youtube.com/

 

2017年『サム、マイウェイ』

出典:https://www.youtube.com/

『サム、マイウェイ』の男らしいパクソジュンもよかったなぁ

 

2018年『キム秘書がなぜそうか?』

出典:https://www.youtube.com/

 

そして、パクソジュンさんが実はすごい俳優さんだったんだと衝撃を受けた映画。

実を言いますと、この映画を見たのはチェダニエルさん目当てだったのですが、その目当てが映画が始まってもなかなか出てこず…

でも、そんなことはどうでもいいぐらいパクソジュンさんに引き込まれました。

 

2015年『悪のクロニクル』

出典:https://www.youtube.com/

 

劇中のパクソジュンさんの表情…

出典:bing.com/

 

この映画は日本未公開なんですね…

なんでこんなにいい映画が、なぜ…

 

昇進を間近に控えた敏腕刑事が、正当防衛とは言え人を殺してしまい、自分の殺人を隠蔽するためにうそをつくことからストーリーが始まるのですが、最後の最後まで目が離せない展開なのです。

この映画の中でパクソジュンさんは非常に重要な役どころなのですが、劇中で最初に登場したキャラクターとしては、取り調べの調書もちゃんと書けないぐらいの新人刑事、課では一番最年少キャラで皆にかわいがられている、髪形はなんだか前髪が重たくて冴えない感じだったのですが…

もうこれは観ていただくほかありません!

 

私はこの映画を3回見直しました。

ネタばれしてしまいますが、この映画のラストは韓国映画に多い「誰も幸せじゃなくて救いようのない、悲しみを通り越した」終わり方。見た後は気持ちが沈んでしまうのですが、それをしっかり観客に体現させてくれる俳優さん達のすばらしい演技があります。そして、その重要な役割を担っているのがパクソジュンさんなんです。

 

また言いますが、なんでこの映画が日本未公開なのか…

私はこれからまたもう一度見ようと思います…

 

笑うと目の端が垂れてしまうキュートなパクソジュンさんではなく、

絶望という底なし沼のような目をしたパクソジュンさんが見られます。

 

最後にせっかくなので、数秒だけでもパクソジュンさんの隣を歩いているような気分に浸れる動画を見ていただいて終わりにしたいと思います。

出典:https://www.youtube.com/

 

 

 

まとめ

映画にドラマに引っ張りだこで、メジャーな俳優だと言われても「いつも自分に厳しくしようとしている」「誠実さの面では高得点を出したい。期待に応えられるよう頑張らなきゃいけないと思います」とインタビューで答えていたパクソジュンさん。出典:https://www.sedaily.com/

 

このような言葉を聞くと、ファンとしてはこれからも素晴らしい作品の中でパクソジュンさんに会えることを確信できるし、今まで以上に応援したくなりますね。

これから更に歳を重ねたら、また違った魅力が出てくるのでしょうか?今後も目が離せない俳優さんです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧