美声と演技力が最高!魅了してくれる歌手・俳優ソ・イングクの全ドラマまとめ♡

2009年Mnetオーディション番組<スーパースターK>で72万人の頂点に立ったソ・イングクさん。10歳の時に歌手キム・ジョンミンさんの「悲しい口約束式」の舞台を見て歌手の夢を育てたそうです。(出典:ko.m.wikipedia.org)

出典:https://www.youtube.com/

数々の難関を突破していき、歌唱力も見た目もどんどん成長していく姿にドキドキします。

 

 

今回はソ・イングクさんの出演作を通してその魅力をお伝えします。

 

●ソ・イングク/서인국

生年月日:1987年10月23日

所属事務所:BS Company

 

 

ドラマ

2012年 KBS2「ラブレイン」 キム・チャンモ役

出典:https://www.youtube.com/

演技初挑戦となった本作。1970年代では珍しくなかったであろう黒ぶちメガネをかけ、ボサボサ頭の法科生キム・チャンモ役のソ・イングクさん。こんな出で立ちなので恋には奥手な役なのかと思いきや、お酒の力を借りつつもそのあまりにストレートな告白がとても男らしく。告白されている女性の席に私が座りたいです…

 

https://twitter.com/guk_mint/status/1038642201901727744?s=20

出典:https://twitter.com/

チャン・グンソクさんも根強い人気だけど、このドラマでいきなり現れたソ・イングクさんに惹かれてしまったファンの方々も多かったのではないでしょうか?

 

 

2012年 tvN「応答せよ 1997」 ユン・ユンジェ役

出典:https://www.youtube.com/

幼なじみのヒロインを一途に思う高校生ユンジェ役。普段はクールなんだけど、ヒロインにはタジタジなところのギャップがいいのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

みなみ🐰(@kdra_minami)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/

ケーブルテレビ局が作成したマイナーなドラマだったにもかかわらず、視聴率がとてもよかった「応答せよ 1997」。この写真を見るとなんだか学生の頃を思いだし、自分を重ねて合わせてしまいます。このドラマが愛されたのは、自分にもこんな時があったとなつかしく感じることができるからこそだったのではないでしょうか?

 

https://twitter.com/abe_drama_/status/1219273211365318657?s=20

出典:https://twitter.com/

この方が言うように90年代を知らない人にとっては新鮮なドラマだったかもしれないですね。ポケベルやウォークマン、当時の若者にとっての神器をみられるのも楽しみの一つだとおもいます。

 

 

2012年 MBC「マイ・ラブリーブラザーズ」 ユン・スンギ役

出典:https://www.youtube.com/

訳アリ三兄弟の三男、遊び人で妻に浮気がばれて離婚の危機に直面しているという、今までの役とは正反対なキャラクター。毎日がトラブルだらけの兄弟たちが、問題を乗り越えながら兄弟としての絆を深めていく作品です。(出典:https://korea.yapy.jp/)

 

50話と、長いですが、3兄弟の話しなので、それぞれの人生があり、見応えありますイングクの元妻への想いに泣けました

 

3人兄弟の話しで、イングクは末っ子で、浮気性のパパ役です。でも離婚して妻への想いに気付きます。ゴルフのインストラクターの姿、カッコいいですよ。グクの息子ボラム君も可愛いです。

出典:www.bihann.com/

 

出典:www.bihann.com/

3兄弟がスタイにおしゃぶりという、ちょっと衝撃的な画像ですね。ダメな息子ほどいくつになってもカワイイってことなのでしょうか?

 

 

2013年 SBS「主君の太陽」 カン・ウ役

出典:https://www.youtube.com/

私がソ・イングクさんを初めて知ったのはこの「主君の太陽」だったのですが、その堂々とした演技に、若いけれどドッシリと安定感を感じさせる役者さんだなと思いました。

ドラマの中ではショッピングモールの警備部主任の役。不審者と対峙するシーンでみせるその鋭敏な動きにほれぼれしてしまいます。ダークスーツに身を包んだその姿も必見です。そして、役柄上鋭い目つきに思案顔が多いのですが、その効果もあって時折みせる笑顔に心ときめかずにはいられないので、いい意味でとてもずるい演出だなと感じます。

 

出典:https://twitter.com/

 

 

2014年 ウェブドラマ・ドラマキューブ「とあるアンニョン」 ハル役

出典:https://www.youtube.com/

感情のない星に生まれ、ひとが涙を流す理由について研究するため地球にやってきた異星人役。恋人に浮気され死にそうになっていたヒロインに出会い次第に惹かれ合うも別れの時間がせまる、人生の最後の瞬間に出会った2人の男女の特別な1日を描いた作品。(出典:https://kankokudoramaarasuji.com/)

私はこのドラマを観たことがありませんが、概略からでもせつない場面が浮かんできます。

 

https://twitter.com/gugumacha1023/status/934807081802018818?s=20

出典:https://twitter.com/

 

 

 

2014年 tvN「ナイショの恋していいですか?」 イ・ミンソク役

出典:https://www.youtube.com/

お調子者の高校生と天然でおっちょこちょいな契約社員が織りなす、年下男子との胸キュンラブコメディ(出典:https://韓国ドラマ.com/)

1分15秒あたり「くだらない男のことは忘れて、俺のところへ来いよ」のイングクさんのセリフに思わずニヤついてしまいます。ドラマの中ではこれ以上のセリフがあるんでしょうね、しかもすてきな男性二人から求められるなんて!

 

https://twitter.com/f2_13d/status/1205248581059219456?s=20

出典:https://twitter.com/

切ないドラマもいいけれど、やっぱり王道ラブコメは見ていて素直に楽しいですよね。見ている姿は誰にもみせられませんが…

 

ドラマをマンガに書き下ろしたつわものまでいらっしゃました。すごい!

出典:https://twitter.com/

 

 

 

2014年 KBS2「王の顔」 光海君役

出典:https://www.youtube.com/

時代劇初挑戦で、吉相の王子・光海君を演じ2014年度KBS演技大賞・新人賞に輝いた作品。観相をテーマにしたユニークな作品で、朝鮮王朝14代国王となった父親・宣祖から、王にふさわしいとされるその顔のおかげで本当の息子でありながら、激しい嫉妬を向けられる役柄です。

 

出典:https://twitter.com/

現代劇もいいけれど、史劇で韓服を着たその姿は、とても時代劇初挑戦とはおもえないほど堂々とし凛々しいですね。

 

出典:thekingsface.com/

 

光海君の眉尻までしっかりした太い眉からは、生命力やその確固たる信念を感じ、すべてを正しく見定められそうな大きな瞳、厚い唇は情に厚く人を受け入れる心が広いので人間関係も良好だとか。

一方で宣祖のまばらで薄い眉はおとなしく控えめな感じを受けるとともに神経質さをもち、薄い唇は他人を受け入れず、情に薄い。(人相学占い 出典:spicomi.net)

勝手に人相学のサイトを参考にお二人の顔を見てみましたが、メイクもあるので一概に正解とは言えないものの、どちらが王にふさわしいかパッと見ただけでも分わかるそのちがい。ソ・イングクさんのお顔は今後も大成していく相であること間違いなしです。(大成するかについては私の個人的な意見で願いです。)

 

 

 

2015年 KBS2「君を憶えてる」 イ・ヒョン役

出典:https://www.youtube.com/

アメリカで刑事司法学部の准教授として働く天才プロファイラー役。黒髪の役が多かったいままでにくらべて、濃いブラウンでおでこを出したイングクさんから大人の男性を感じます。

 

出典:https://twitter.com/

某ケーブルでは2020年2月末から放送予定だそうです。

 

 

 

2016年 OCN「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」 ヤン・ジョンド役

出典:https://www.youtube.com/

パッと見やんちゃな感じなのですがじつは相当頭が切れる詐欺師ジョンド。明るめの髪色もそんな見た目の雰囲気にマッチしています。

公務員が詐欺師と結託し犯罪予備軍をだますという奇想天外な序章から、数話見て続きを見ようか悩むドラマが多い中、この作品は1話から見る者の興味をガッチリつかみ、どんどん先が気になるストーリです。個人的にはパク・ソンウンさんが特別出演していて映画「新世界」へのオマージュを見れたのもうれしかったです。

 

出典:https://twitter.com/

「ナイショの恋していいですか?」の視聴感想を漫画に描き下ろしていた方が同じく「元カレは~」も漫画にしていたのですが、本作では少し間が抜けた役のマ・ドンソクさんがよく描けています。

この漫画の「金持ち!」「金持ち!」と叫ぶメガネ姿のイングクさんが上の動画の1分21秒あたりに、事業家に化けたイングクさんのメガネ姿にほれぼれしてしまいます。その他さまざまに変装するイングクさん、必見です!

 

 

 

2016年 MBC「ショッピング王ルイ」 キム・ジソン(ルイ)役

出典:https://www.youtube.com/

反則級にかわいさ満点の犬系男子。下の動画の制作発表会でもイングクさんが「犬みたいな性格の男性です」とキャラクター紹介しています。世間知らずで生活能力ゼロに加え記憶喪失だとしても、そのつぶらな瞳で見つめられたら、そりゃもうほおっておけないですよね!

 

出典:https://www.youtube.com/

 

出典:https://twitter.com/

手のひらで涙をぬぐうより甲のほうが数倍気持ちがあらわされている気がします。

 

 

2018年 tvN「空から降る一億の星」 キム・ムヨン(ガン・ソンホ)役

出典:https://www.youtube.com/

オリジナルの日本版との違いを楽しんでもいいかもしれませんね。

 

出典:https://twitter.com/

 

 

●映画

 

2013年 「君に泳げ」 ジョ・ウォンイル役

出典:https://www.youtube.com/

この映画は主演の二人が大ブレイク前だったこともあり、韓国では残念ながらヒットにつながらなかったとか。いまだったらこの二人を共演させること自体難しいですね。

 

出典:https://twitter.com/

イングクさんの出演作を振り返るのにも最適な作品だと思います。

 

 

 

2020年 「パイプライン」 ピンドリ役

 出典:https://www.youtube.com/

まだ予告が見当たらず台本読みの動画しかなかったのですが、よろしければ。

 

「パイプライン」は、韓国の数十メートル地下に隠されている“黒いダイヤモンド原油”を盗んで人生逆転を夢見る盗油犯たちの犯罪娯楽映画。

ソ・イングクは韓国で唯一無二の採掘職人“ピンドリ”役を務める。劇中でソ・イングクは見栄っ張りでゴージャスな外見とは違い、原油が隠されている地下では粘り強くで強烈な姿に変身し、ギャップのある魅力で熱演を披露する予定だ。(出典:news.kstyle.com/)

 

https://twitter.com/mylove_InGuk/status/1221304205505224705?s=20

出典:https://twitter.com/

 

 

 

●カメオ出演

 

2013年 tvN「応答せよ 1994」

出典:https://www.youtube.com/

16,17話に特別出演。

 

 

 

2015年 tvN「ああ、私の幽霊さま」

出典:https://www.youtube.com/

16話にカメオ出演。

https://twitter.com/Only_InGuk/status/1131831156150657024?s=20

出典:https://twitter.com/

シェフのユニフォームに身を包んだイングクさん、料理を作っているだけなのになぜかセクシーに感じるのは私だけでしょうか?前髪ありとおでこをだしたイングクさん、どちらもとっても素敵です!

 

 

 

2019年 tvN「アビス」

出典:https://www.youtube.com/

特別出演。

 

https://twitter.com/lovegukya/status/1216831650044055552?s=20

https://twitter.com/lovegukya/status/1208279886961340416?s=20

出典:https://twitter.com/

「空から降る一億の星」のあの二人が、血だらけのひとを前にして「うん」「うん」の演技がたまりません。

 

 

まとめ:

 

初めてソ・イングクさんの歌声を耳にしたとき、何とも言えない思いが自分に湧き上がってきました。ただ歌が上手いだけではない、何度も聞きたくなってしまうその声がいつまでも耳に残っています。

出典:https://www.youtube.com/

6年前だけどこの歌もいいですね。

 

https://twitter.com/myumyu_sig/status/1215222548620705793?s=20

出典:https://twitter.com/

 

デビューから出演作品を少しずつみてきましたが、見ていて全く飽きることがありませんでした。ドラマ初出演が2012年にもかかわらず、すでに演技の評価はうなぎのぼりです。一体どれだけたくさんの引き出しを持っているのか、とても頼もしい役者さんです。2020年はどんなソ・イングクに出会えるのでしょうか?非常に楽しみです。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です